生まれも育ちも横浜の私にとって、横浜中華街はいろいろな思い出のつまった場所です。
小さなころは家族に連れてきてもらい、大人になってからはデートや友達と来たりしています。

長年に渡っていろいろなお店を楽しんできましたが、いつ来ても新しいお店ができていたりして、飽きることはありません。
そして、これ!というイチオシなお店をひとつに絞ることも出来ないくらいどこも美味しいのです。
格式高い老舗や、朝早くから開いているお粥のお店、家族に嬉しい食べ放題のお店や数々の食べ歩きできる食べ物を出してくれるお店、いつも並んでいるスイーツ店や、見ているだけで楽しい無数のおみやげ屋さんなど、中華街にはたくさんのお店が並んでいます。

食べ歩きでいつの時代も人気なのは、肉まんや小籠包です。
例えば江戸清の小籠包はカップに入って提供されますが、カップの中に肉汁が溢れ、小籠包が肉汁に浸かるほどの肉汁が詰まった小籠包でとても美味しいですし、ひとつ280円とお手頃な価格です。
最近ではタピオカ入りミルクティーやマンゴーかき氷など、少し前に台湾で流行したものが日本に上陸してブームになっています。
中華街のタピオカミルクティーは台湾のものより甘いものが多く、日本人向けにつくられている感じがします。値段も横浜中華街の方がかなり高いですが、とても人気があります。

中華街の一番大きいイベントは、旧正月のお祭りです。長い龍のかぶりものを何人かが被って龍をうねらせながら爆竹を鳴らして進み歩くお祭りです。旧正月はものすごい混むので小さなお子さまを連れて行く時はしっかり手を繋いでいてあげてください。

中華街へのアクセスは、みなとみらい線元町中華街駅から徒歩5分、JR根岸線石川町駅から徒歩8分くらいです。どちらの駅も表示がわかりやすく出ているし、人がぞろぞろ歩いていく方についていけば、たどり着けます。

車で行っても駐車場がいくつかありますが、ここ駐車場はすぐに停める事ができました。
元町よりの駐車場ですがココ。
値段も安くて中華街も近く、結構穴場でした。
なるべく近くで停めたいという気持ちから満車の駐車場を待つより、私はココをおすすめします!