『詳しく検査する必要があるのでこちらの病院を紹介します。

去年近所の小さな病院でこう告げられました。

胃に違和感があり胃腸科がある病院を診察したら腫瘍があり、悪性かどうかを調べる為検査に出されました。

検査結果が出るのは1週間後。

まさか自分が癌とは思ってなく、ひどくて胃潰瘍ぐらいに思っていたのでその1週間はいつも通り呑気に過ごしていました。

そして進められた大きい病院での診察。

そこでもまさかまさかと信じられない気持ちでいっぱいでした。

でもそのまさかでした。

しかも進行胃癌。

それを聞いた主人と私はドラマみたいに泣く事もなくただただ呆然としていました。

夢じゃないか。
と2人で言いました。

夢ではありません。

私は2人の幼い子供を持つ母親。
胃癌になった母親。

それが現実でした。

子供達が寝た後に主人と2人で泣きました。

それでもまだ信じたくない気持ちと死ぬかもしれない恐怖で声を押し殺して泣きました。

気持ちの整理がつくのに1カ月はかかりました。

ようやく自分の病気を受け入れ、今抗癌剤治療をしています。

副作用が辛くて辛くて何度も吐き何度も止めたいと思いました。

今現在も治療中です。

どうして私が。
周りの元気なお母さん達を見て悔しくも羨ましくもなりました。

でもそれが運命だと思います。

私はこの病気を受け入れ共に闘っていきたいと思います。

そして完治してこんな事もあったね。
と笑い話にしたいと思ってます。都内空室対策