現在はネットを使っていつでも欲しい物が注文できる時代ですが、その半面、何を買うにしても現物を見て買いたいという方も多いはずです。

人それぞれ俺流のショッピングスタイルがある中で、通販とも少し違う商売が注目されつつあります。

それが移動販売式スーパーです。

近頃、様々な事情で買い物難民と呼ばれる立場に陥る方が増えています。

年配者の中には外出自体が難しい方もいらっしゃいますし、遠くまで行かないと買い物ができない田舎居住者もいます。

そういった立場の方に、移動販売式スーパーの存在は、渡りに船なのです。

軽トラックや専用バスに商品を積んで巡回し、その場でスーパーと同じような買い物ができるわけです。

食品宅配サービスと違い、実際に手にとってその時の判断で欲しい物が買えます。

また、地域を巡回していることから、外出が困難な方の自宅へ御用聞きのように訪問し、サービスを提供できます。

高齢化が進む今後、こうしたサポートサービスがより重要になってくると感じます。

高齢化社会にマッチし、社会貢献にもつながる新しい形の販売方法として、これから増えていくのではないでしょうか。

サポート校